マンション高く売る方法

マンション 売却

マンションの売却を検討している人に、高額査定を実現させるためのテクニック、査定サイトランキングを紹介します。


マンション売却査定サイトの活用テクニック

マンションを売りたい!と思ったら、不動産屋に行かないでください。
マンション売却は、最終的には不動産屋を通すことになりますが、高額で売るという観点からまず、複数社に一括査定をしてみてください。
そこで、今持っているマンションの価値を確認することです。
不動産屋は、安く仕入れて、高く売る!これでビジネスが成り立っているため、1社だけにお願いするのはかなりのリスクがあります。
よって、複数社に競わせながら見積りを取るというのが、賢い人が実践しているテクニックです。
また、相場を知るという観点からも一括査定を有効に使いたいですね。


不動産売却一括査定サイトランキング

不動産売却一括査定サイト1位 不動産売却一括査定「イエウール」
イエウール
イエウールは、マンション・家・土地などの不動産を安心してお願いできる不動産会社に一括査定できるサイトです。
不動産会社は売却実績豊富な不動産売却のプロばかりなので、はじめて家を売る方にも安心して査定依頼ができます。
また、不動産売却を全力サポートにも定評あり!

不動産売却一括査定「イエウール」




不動産売却一括査定サイト2位 不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」
イエイ不動産売却査定
150万人の利用実績!日本最大級の不動産査定ネットワーク「イエイ」です。
全国1000社の中から、対応可能な会社を自動抽出し、複数社に査定の申込み・比較、あなたの不動産の最高査定額を知ることができます。

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」




不動産売却一括査定サイト3位 不動産売却・査定O-uccino(オウチーノ)
オウチーノ
実績豊富な全国450社以上の有力不動産会社の中から無料一括査定サービス
入力は簡単!1分で完了。

不動産売却・査定O-uccino(オウチーノ)



なるべく高値でマンション売却する場合の売却スケジュール

マンションの売却の際に一番重要なことはスケジュールに余裕をもつことです。できれば1年かかってもいいから売れればいいぐらいの気持ちでいるほうがいいです。
しかし残念なことに大抵の場合は早く売りたいという方が多く、結果額を低下させています。通常売ろうとしているマンションに買い手がついて場合、書いてから購入申込書という書類が届きます。それから色々な値段や条件などを交渉とお互いに納得した条件で契約書を作成し、結果売買が成立します。買い手がローンではなく現金で一括で買いたいという場合だと売買が成立した時点で引渡しとなり、かなりの時間節約となります。
しかし残念ながら大抵の場合ローンを使うことになり、ローンを使うとなると、申し込みまでの手間や審査やらなんやら少なくみつもってもローンが実行されるまで2週間程度はかかってしまいます。さらに契約が成立したとしても買い手側のローン審査が通らないとなると契約は白紙になってしまいます。
マンションを売る際のスケジュールは計画的にやりたいというのがマンションを売る側の本音ですが、実際には買い手の事情に左右されます。
どうしても早く売りたい場合は不動産会社に出してもらった査定額よりやや休めの価格でスタートするのがいいです。他の物件よりお得感があればすぐに売ることが可能です。
決済と物件の引渡しについて不動産会社と銀行が必要な段取りを組んでくれるためあれこれ考える必要はありません。



提示した金額でマンション売却出来ない場合は値下げしたほうが良いのか
マンションを購入するときは、金額も決まっているし、諸費用なども販売センターで丁寧に教えてくれます。
一方で売却するときは、値段も自分で決めなければならず、その金額で買い手が現れるまでは受け身で待つので、購入よりも売却のほうが手続きも、気持ちの上でも苦労が多くなります。

 マンションの売却の金額を決めるにあたっては、周辺の取引事例などを参考にして売り出し価格を決めます。
 買い手から値引き交渉を受けることはあっても、売り出し価格より高い金額で売れることは絶対にありません。売ったお金で別の資産を買う予定があるなど、お金が必要な時期が決まっている場合は多くを望めませんが、そうでない場合は内覧希望の数などを仲介の不動産会社に聞きながら様子を見ましょう。
 不動産は、同じものは二つとないため、値段のつけ方も難しいですが、それでもマンションは戸建てと比べると、同じ建物内や同じ間取りの取引事例がある場合があって、参考にするには申し分のないデータです。
 
マンション・売る
マンション売るならどこ?@マンションを売る時に注意すること
マンション売るならどこがいい?
http://www.bagdatlilarservis.com


 売り出し価格をはじめから低めにしたら、その値段以上で売れる可能性がないため、低めにする必要はありません。
 一方で、内覧希望や問い合わせが全くない場合、近隣相場とかけ離れている可能性もあるので、その場合は値下げを検討するのも選択肢です。
 ただし、内覧希望や問い合わせがないわけではない場合、個別の値引き交渉に応じるかどうかはその都度判断することにして、値下げは慎重にしましょう。
 待っていればまた値段が下がると思われてしまうと、かえって取引の成立が遅くなる可能性もあります。

サイトマップ

Copyright© 2011 マンション売却@高く売る方法を紹介します All Rights Reserved.

広告掲載について